hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

【財務会計】総合原価計算についてまとめてみた - 中小企業診断士

総合原価計算の場合、直接材料費加工費に分けて、ボックズ図を描きます。

 

H23-10を例に考えます。

 

まず、ボックズを骨格は以下の通り。四角を書いて、真ん中に縦棒を一本

横棒は左から右に少しずらして書きます。

 

f:id:hirotano:20170612222534p:plain

 

まずは直接材料費

 

月初仕掛品はなくので、左上は0kg で0 円

f:id:hirotano:20170612224431p:plain

当月投入の直接材料費は1200kgで48000千円なので、

f:id:hirotano:20170612224502p:plain

当月の完成品は700Kgと問題文に書いてあるので、右上に700kgをかく

 

f:id:hirotano:20170612224529p:plain

当月1200kgで48000円なので、1kgあたりの直接材料費は40円

当月完成品は700kgなので、28000円となる。

f:id:hirotano:20170612224625p:plain

ちなみに、月末仕掛品は残りの500kg 20000円です。

f:id:hirotano:20170612224715p:plain

 次に加工費です。加工費の場合は、月末仕掛品の計算の際に、加工進捗度を考慮します。

 

まず、月初の仕掛りはゼロです。

 

f:id:hirotano:20170612225505p:plain

 

で、当月投入は問題文にある通り、45000円です。

 

f:id:hirotano:20170612225555p:plain

当月は700kg完成したので、右上の当月完成品に700kgを記入

 

f:id:hirotano:20170612225715p:plain

 

月末仕掛品では、材料は残り500kgですが、加工進捗度が40%なので、実施は500kgのうち、200kgは当月で加工費が発生しています。

 

f:id:hirotano:20170612225909p:plain

とうことで、材料の量で考えると、当月に900kg分の加工費が発生し、それが45000円となります。そのうち、当月完成品に対する原価は、900kgのうちの700kgです。

 

なので、当月完成品に対する加工費は、以下通り、35000円になります。

 

f:id:hirotano:20170612230159p:plain

 

なので問題にある完成品原価は、

直接材料費と加工費の完成品原価の和なので、

f:id:hirotano:20170612230410p:plain

 

とにかく、総合原価計算は直接材料費と加工費でボックズ図を描くこと が大事ですね。

【経済学】LM曲線についてまとめてみた - 中小企業診断士

 

LM曲線は貨幣市場が均衡しているときの、

 

国民所得Yと利子率rを組合わせた曲線です。

 

貨幣市場が均衡する条件は、

f:id:hirotano:20170513225701p:plain

 

グラフは、

f:id:hirotano:20170513225804p:plain

 

国民所得が上がると、

貨幣の取引需要が上がり、

利子率が増加します

 

LM曲線の超過需要、超過供給

 

下の図を覚える。

f:id:hirotano:20170513230143p:plain

 

LM曲線の傾き

 

貨幣需要の利子率感応度が傾きは緩やか

所得感応度が大きければ、傾きは急になる

 

IS曲線を含めて、指標が大きくなれば、

傾きは基本的に、緩やか。

ただし、LM曲線の所得感応度だけ、

例外で傾きは急になる。

 

LM曲線のシフト

 

貨幣供給の増加や物価の下落など、

有効需要を拡大すると、

国民所得が増え、右へシフトする

 

貨幣供給の減少や物価の上昇などにより、

有効需要を縮小すると、

国民所得が減り、左へシフトする。

 

【経済学】IS曲線についてまとめてみた - 中小企業診断士

 

IS曲線は財市場が均衡しているときの、

 

国民所得Yと利子率rを組合わせた曲線です。

 

財市場が均衡する条件は

 I(投資)とS(貯蓄)が等しくなるということです。

 

グラフは、以下のように右下がりの曲線になります。

f:id:hirotano:20170513211052p:plain

利子率が下がると、投資(I)が増え、需要が増加し、

国民所得が増加します。

 

IS曲線の超過需要・超過供給

このグラフを覚える。

 

f:id:hirotano:20170513221549p:plain

 

IS曲線の傾き

 

投資の利子率感応度が大きいと、利子率が小さくなった時に、投資がどどーんと増えます。すると、国民所得がどどーんと増え、傾きは緩やかになります。

 

f:id:hirotano:20170513212100p:plain

 

 

投資の利子率感応度が小さいと、利子率が小さくなった時に、投資がちょびっとしか増えません。すると、国民所得がちょびっとしか増えず、傾きは急になります。

 

f:id:hirotano:20170513212501p:plain

 

限界消費性向が大きいと、国民所得Yの変化に対して、消費Cがどどーんと増えます。

財の需要YD=C+I+G なので、財の総需要がどどーんと増える

なので、IS曲線の超過需要のところがどどーんと増える。

なので、IS曲線傾きは緩やかになる (と覚える)

<イメージ>

f:id:hirotano:20170513222650p:plain

 

 

IS曲線のシフト

投資や政府支出の増加、減税など、有効需要を拡大すると、乗数効果により、国民所得が増え、右へシフトする

 

貯蓄の増加や増税などにより、国民消費が減少すると、乗数効果により、国民所得が減り、左へシフトする。

【運営管理】 発注方式をまとめてみた- 中小企業診断士

過去問の出題実績ベースでまとめてみました。

 

定量発注方式
  •  発注時期になるとあらかじめ定められた一定量を発注する方式
  •  有効在庫(手持ち在庫ー引き当て量+発注残)が発注点を下回った時点で発注 (✖️ 実在庫ではない
  •  発注点は調達期間中の平均的払い出し量に安全在庫を加えて算出する
  •  発注点を下回ったら、経済的発注量を発注する。
  •  一定の発注点と発注量に対して、需要量変動が増加すると、年間の品切れ量は増加する。
  •  一定の発注点と発注量に対して、納入リードタイムが短くなると、(在庫が増え)、年間の品切れ率は減少する。
  •  一定の発注点に対して、発注量を増加させると(在庫量が増加し)、年間の品切れ量は減少し、(年間の発注回数も少なくなる)
  •  一定の発注点に対して、発注点を高くすると、(早く発注するタイミングがやってくるので)品切れ率も年間の品切れ量を減少する。
 
定期発注方式
  •  あらかじめ定めた発注間隔で、発注の都度、発注量を決める方式
  •  発注量は(発注間隔と調達期間)までの払い出し量に(現在の在庫と発注残)を引いて、安全在庫を加えて算出。
  •  発注間隔は、取引先との関係や生産計画のサイクル、経済性を考慮 
 
2ビン方式
  •  発注点は発注量と同じ

【経済学】貨幣市場の均衡についてまとめてみた - 中小企業診断士

 

貨幣市場の均衡についてです。

 

まず、重要なのは

 

貨幣市場が均衡した時に利子率が決まります。

 

貨幣需要曲線と貨幣供給曲線を重ねると、以下な感じです。

 

f:id:hirotano:20170513165422p:plain

均衡点Eで 利子率r*が決まります

 

ここで貨幣の供給量を増やします。つまりマネーストックMを増やします

すると、利子率は下がります

f:id:hirotano:20170513165910p:plain

お金の供給が増えると、金利は下がる というわけです。

 

今度は、お金の需要を増やします。

つまり、貨幣需要曲線が右へシフトします。

すると利子率が上がります

 

f:id:hirotano:20170513170407p:plain

お金の需要が増えると、利子率が上がります

お金が欲しい(お金を借りたい)という人が増えれば、利子率は上がりますよね。

 

 

【経済学】貨幣供給についてまとめてみた - 中小企業診断士

 

貨幣は、日銀から金融機関を通じて、企業や家計に供給されます。

 

f:id:hirotano:20170513160855p:plain

 

貨幣乗数

 

ハイパワードマネー 1単位に対して、マネーストックがどれだけ増えるか。

 

算出方法を覚える

 

f:id:hirotano:20170513161209p:plain

 なので、

f:id:hirotano:20170513161338p:plain

 

ここで、ちょっとテクニック

分母、分子を預金で割る。

 

f:id:hirotano:20170513161714p:plain

 

なので、

 

f:id:hirotano:20170513161814p:plain

この

 

f:id:hirotano:20170513161847p:plain

 

貨幣乗数と言います。

 

また、分数の各値は、以下とも呼ばれます。

 

f:id:hirotano:20170513162425p:plain

 

 現金預金比率と支払準備率が当て和えられて、ハイパワードマネーが1増加すると、マネーストックがどれだけ増加する という問題が考えられます。

 

実際、ハイパワードマネーよりマネーストックの方が多くなります。

それは、信用創造機能が働くからです。(市場で預金がどんどん増えていく)

 

あと、貨幣供給曲線(貨幣供給量と利子率の関係)

 

実質の貨幣供給量(M/P)について、M(名目貨幣供給量)は日銀が管理しているので、一定、P(物価)も一定と考えると、実質の貨幣供給量も一定になります。

なので、利子率に限らず、一定 となります。

 

f:id:hirotano:20170513164430p:plain

【経済学】流動性のわなについてまとめてみた - 中小企業診断士

流動性のわな ときたら、

 

利子率が最下限 と覚える。

 

ということは、

 

債券の価格が上限 になります。

 

債券がもうこれ以上、高くなることはないので、債券は全然いーらない、貨幣がめちゃくちゃ欲しいとなり、 

 

貨幣需要がどどーんと

伸びます

 

f:id:hirotano:20170513153545p:plain

 

こうなっちゃうと、

 

貨幣の供給量を増やしても、利子率が下がりません。

なので、

投資が増えず、国民所得も増えない 

ことになります。