hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

中小企業診断士

【財務会計】総合原価計算についてまとめてみた - 中小企業診断士

総合原価計算の場合、直接材料費と加工費に分けて、ボックズ図を描きます。 H23-10を例に考えます。 まず、ボックズを骨格は以下の通り。四角を書いて、真ん中に縦棒を一本 横棒は左から右に少しずらして書きます。 まずは直接材料費 月初仕掛品はなくので、…

【経済学】LM曲線についてまとめてみた - 中小企業診断士

LM曲線は貨幣市場が均衡しているときの、 国民所得Yと利子率rを組合わせた曲線です。 貨幣市場が均衡する条件は、 グラフは、 国民所得が上がると、 貨幣の取引需要が上がり、 利子率が増加します。 LM曲線の超過需要、超過供給 下の図を覚える。 LM曲線の傾…

【経済学】IS曲線についてまとめてみた - 中小企業診断士

IS曲線は財市場が均衡しているときの、 国民所得Yと利子率rを組合わせた曲線です。 財市場が均衡する条件は I(投資)とS(貯蓄)が等しくなるということです。 グラフは、以下のように右下がりの曲線になります。 利子率が下がると、投資(I)が増え、需要…

【運営管理】 発注方式をまとめてみた- 中小企業診断士

過去問の出題実績ベースでまとめてみました。 定量発注方式 発注時期になるとあらかじめ定められた一定量を発注する方式 有効在庫(手持ち在庫ー引き当て量+発注残)が発注点を下回った時点で発注 (✖️ 実在庫ではない) 発注点は調達期間中の平均的払い出…

【経済学】貨幣市場の均衡についてまとめてみた - 中小企業診断士

貨幣市場の均衡についてです。 まず、重要なのは 貨幣市場が均衡した時に利子率が決まります。 貨幣需要曲線と貨幣供給曲線を重ねると、以下な感じです。 均衡点Eで 利子率r*が決まります。 ここで貨幣の供給量を増やします。つまりマネーストックMを増やし…

【経済学】貨幣供給についてまとめてみた - 中小企業診断士

貨幣は、日銀から金融機関を通じて、企業や家計に供給されます。 貨幣乗数 ハイパワードマネー 1単位に対して、マネーストックがどれだけ増えるか。 算出方法を覚える なので、 ここで、ちょっとテクニック 分母、分子を預金で割る。 なので、 この を貨幣乗…

【経済学】流動性のわなについてまとめてみた - 中小企業診断士

流動性のわな ときたら、 利子率が最下限 と覚える。 ということは、 債券の価格が上限 になります。 債券がもうこれ以上、高くなることはないので、債券は全然いーらない、貨幣がめちゃくちゃ欲しいとなり、 貨幣需要がどどーんと 伸びます。 こうなっちゃ…

【経済学】貨幣需要の利子弾力性についてまとめてみた - 中小企業診断士

貨幣需要の利子弾力性 貨幣需要の利子弾力性が大きい場合 →利子が減ったら、貨幣需要が どーんと増える (傾きは緩やか) 貨幣需要の利子弾力性が小さい場合 →利子が減ったら、貨幣需要が ちょびっとと増える (傾きは緩やか) あと、特殊な例として、 貨幣…

【経済学】貨幣需要についてまとめてみた - 中小企業診断士

貨幣市場について、まとめてみました 貨幣需要 貨幣が欲しい時は、以下の3パターン 取引的需要 (普通の取引用に) 予備的需要 (困った時に) 投資的需要 (債券を買うために) あと、 利子率が上がると債券価格が下がる (これは覚える) →債券価格が下が…

【経済学】トービンのq理論についてまとめてみた - 中小企業診断士

トービンのq理論の式は以下。 qが1より大きい時に投資する と覚える 企業の市場価値(株価と負債総額)は今後の企業の利益 資本の買い替えコストは、その名の通り、資本を買い替えたら、どれだけのコストがかかるか。要は費用。 費用より利益の方が大きけれ…

【経済学】投資の限界効率についてまとめてみた - 中小企業診断士

ケインズの投資の限界効率表 投資の限界効率とは、投資を一単位増やす時の利益率。 はじめは儲かるところに投資するけど、投資をどんどん増やすと、儲からないところまで、投資することになるので、どんどん効率が悪くなる・・・ あと、利子率が下がれば、投…

【経済学】消費理論についてまとめてみた - 中小企業診断士

消費の理論についてまとめてみました。 ケインズ C=C0+cY (平均消費性向:C/Y はYが増えると、下がる) 短期の傾向 クズネッツ C=0.9Y (平均消費性向:C/Yは一定) 長期の傾向 3大仮説 デューゼンベリー 時間的相対所得(すぐに生活レベルは変えれない…

【経済学】乗数理論の均衡予算についてまとめてみた - 中小企業診断士

H22-5 の選択肢Cにある 均衡予算 についてまとめてみました。 均衡予算は、政府支出の財源はぜーんぶ税金で賄いますよということ。予算は増やせないから、支出した分は増税して、予算を均衡しちゃうということ。 なので、 政府支出の増分 ΔG と租税の増分 ΔT…

【経済学】乗数理論の乗数についてまとめてみた - 中小企業診断士

政府や民間が支出や投資をしたら、どれだけ国民所得が増えるか。 (支出や投資した以上に国民所得は増えます) まず、覚える3つの乗数 政府支出乗数 政府支出の変化により、国民所得がどのくらい変化するのか) 投資乗数 民間投資の変化により、国民所得がど…

【経済学】総需要と総供給についてまとめてみた - 中小企業診断士

総需要と総供給について、まとめてみました。 以下、ストーリ。 ①総需要とはなんぞや ⇩ ②総供給とはなんぞや ⇩ ③総需要と総供給が一致し、市場は均衡するんだよ (国民所得が決まる) ⇩ ④租税効果 (国民所得のうちから税金を支払う) ⇩ ⑤インフレギャップ、…

【財務会計】個別原価計算についてまとめてみた - 中小企業診断士

個別原価計算について、まとめてみます。 ① 個々の製品毎(製品指図書)に原価を計算 ② 原価計算表(前月繰越、直接材料費、直接労務費、製造間接費)が与えられている。 ③ 製造間接費を配賦する (配賦の仕方は問題文に与えられている) ④ 各製品の製造・販…

【財務会計】商品有高帳(先入先出し)についてまとめてみた - 中小企業診断士

補助簿の一つである商品有高帳についてまとめてみました。 ある程度、解答手順をパターン化できそうです。 ① 期末商品数量を求める いくら仕入(受入)れて、いくら売上(払出)したか。 ② 期末商品残高を求める ①で求めた期末商品数量に単価をかける。 先入…

【財務会計】オプション取引についてまとめてみた - 中小企業診断士

オプション取引とは、 あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で資産を購入、売却できる権利。 オプションの買い手から売り手にオプション料を支払います。 また、 資産を購入する権利を、コールオプション 資産を売却する権利を、プットオプション と呼…

【財務会計】予算分析についてまとめてみた - 中小企業診断士

売上、原価、利益が予算と実際でどれだけ差があったのか分析するのが予算分析。 売上差異、原価差異それぞれをボックス図を書いて、求めて、利益差異は 売上差異から原価差異を引けば、良さそうです。 過去問もボックス図がかけるか否かが鍵になりそうです。…

【財務会計】CVP分析についてまとめてみた - 中小企業診断士

CVP分析(損益分岐点分析)について、まとめてみました。 ここでは、固定費や変動費と行った言葉が出てきますので、以下の図で整理します。 この図で売上高に占める変動費の割合を変動費率、売上高に占める限界利益の割合を限界利益率と言います。 まずは、…

【財務会計】経営分析(収益性・効率性)についてまとめてみた - 中小企業診断士

経営分析の収益性・効率性について、まとめてみました。 収益性・・・ ① 持ってる資本でどれだけの利益をゲットできたかの能力 ② 売上の中でどれだけの利益をゲットできたかの能力 効率性・・・ ③ 持ってる資本でどれだけの売上をゲットできたかの能力 収益…

【財務会計】経営分析(安全性(支払能力))についてまとめてみた - 中小企業診断士

経営分析の安全性(支払能力)について、まとめてみました。 安全性は、要は、債務をきちんと返済できるかどうかという支払能力を分析します。 支払能力は、短期と長期に分けられ、貸借対照表の借方と貸方の比率から、安全性を分析します。 まず、貸借対照表…

【財務会計】投資評価(内部利益率 IRR) を図にしてみた - 中小企業診断士

内部利益率はCFを現在価値に直した金額が投資金額と同じになる割引率です。 期待している利回り(資本コスト:WACC)がこの割引率を超えると、投資金額より現在価値が小さくなり、投資をすることで、マイナスになります。 平成16年第16問の設問1が内部利益率…

【財務会計】企業価値評価(インカムアプローチ) を図にしてみた - 中小企業診断士

企業価値評価(インカムアプローチ)について、まとめてみました。 インカムアプローチには 以下2つがあります。 収益還元法 DCF法(割引キャッシュフロー法) 収益還元法は 収益 を 利回り で 還元 する方法です(と、とりあえず覚える) 収益還元法では、…

【財務会計】フリーキャッシュフロー(FCF) を図にしてみた - 中小企業診断士

フリーキャッシュフローについて、まとめてみました。 キャッシュが+かーかを覚えるのが、一苦労。。。特に運転資本の増減。 左を+、右をーとして、運転資本の増減は、仕訳の逆と覚える。 平成24年第13問 は 計算に必要なのは、減価償却までで、運転資本の…

【財務会計】WACC を図にしてみた - 中小企業診断士

加重平均資本コスト(WACC)についてまとめてみました。 WACC とは企業が達成すべき投資の利回りです 負債コストには節税効果があるのがポイントです。 あと、自己資本コストが問題に与えられていない場合があります。 その際は、CAPM か 配当割引モデル の…

【運営管理】GMROIと交差主義比率を図にしてみた - 中小企業診断士

GMROI(商品投下資本利益率)の公式も覚えにくく、図にして整理してみました。 GMROI 投下された資本(平均の在庫高(原価))に対して、どれだけ粗利を稼いだか 交差主義比率 原価基準のGMROIを売価基準に変えたもの GMROI を計算する流れとしては、 (1)期…

【財務会計】PBR/PER/ROEの関係を図にしてみた - 中小企業診断士

株価の評価指標(PBR PER ROE)を覚えにくいので、図にしてみました。 赤の補助線を分数のバーだとおもう。 ROE = PBR / PER なのも、この図で覚えられる!

中小企業診断士 過去問テキスト

こんにちは。hirotano です。 あと試験まで4か月。残された時間は短いので、とにかく効率的に勉強することが重要。 そこで、1次試験の7科目の概要をざっと把握するために、以下の問題集を選びました。 通勤時間で攻める! 中小企業診断士スタートアップ一問一…