hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

【財務会計】経営分析(収益性・効率性)についてまとめてみた - 中小企業診断士

経営分析の収益性・効率性について、まとめてみました。

 

収益性・・・

 ① 持ってる資本でどれだけの利益をゲットできたかの能力

 ② 売上の中でどれだけの利益をゲットできたかの能力

効率性・・・

 ③ 持ってる資本でどれだけの売上をゲットできたかの能力

 

収益性

 

名前の真ん中を右斜め下向きのスラッシュで区切って、覚える。左側が分母、右側が分子。

 

① 持ってる資本でどれだけの利益をゲットできたかの能力

② 売上の中でどれだけの利益をゲットできたかの能力

 

例:

f:id:hirotano:20170505125921p:plain

効率性

 

効率性の場合、よく回転率という言葉が出てきます。

あるものを投じて、それが期間中で何回入れ替わっているか。

あるものを投じた結果、最終的には売上になるので、

あるものが、何回入れ替わって、最終的な売上高になったか が回転率と覚えます。

 

とうことで、

 

棚卸資産回転率の場合、

棚卸資産が何回入れ替わって、最終的な売上高になったか という計算で、

分子に売上高、分母に棚卸資産 となります。

f:id:hirotano:20170505131635p:plain

 

とりあえず、回転率とくれば売上高を分子に!です。

 

他の指標もだいたい、このパターンでいけそうです!