hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

【財務会計】商品有高帳(先入先出し)についてまとめてみた - 中小企業診断士

補助簿の一つである商品有高帳についてまとめてみました。

 

ある程度、解答手順をパターン化できそうです。

 

① 期末商品数量を求める

   いくら仕入(受入)れて、いくら売上(払出)したか。

f:id:hirotano:20170506094229p:plain

 

② 期末商品残高を求める

 

①で求めた期末商品数量に単価をかける。

先入先出し法なので、期末商品数量に応じて、最終受入単価をたどる。

期末に20個のこっていて、最終受入が50個なので、単価は120円になります。

 

 

f:id:hirotano:20170506095647p:plain

売上原価を求める

受入の総金額から、期末商品残高を引いたら、売上原価になります。

 

f:id:hirotano:20170506095833p:plain

売上総利益を求める。

売上高を計算して、③で求めた売上原価を引くと、売上総利益になる。

 

とりあえず、基本的なパターンはこんな感じで理解しました。

過去問を使った練習は、別途ブログでまとめたいと思います。