hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

【経済学】消費理論についてまとめてみた - 中小企業診断士

消費の理論についてまとめてみました。

 

ケインズ 

 C=C0+cY  (平均消費性向:C/Y  はYが増えると、下がる) 短期の傾向

クズネッツ

 C=0.9Y   (平均消費性向:C/Yは一定) 長期の傾向

 

 

3大仮説

 デューゼンベリー

   時間的相対所得(すぐに生活レベルは変えれないよね)

      → ラチェット効果(歯止め)

   空間的相対所得(ご近所さんが買ったものは欲しくなるよね)

      → デモンストレーション効果

 

 フリードマン

   消費は恒常所得に依存

    (一時的に増える所得では消費は増えないよ)

   → 特別減税では消費は増えないよ〜 恒久減税でないと!

 

 モディリアーニ 

   ライフサイクル仮説

   消費は生涯所得によって決まる。

 

その他

 

 ピグー効果

  消費は貨幣価値によって決まる。

  (貨幣価値が上がる→物価が下がる→消費が増える)

 

 倹約のパラドックス

  倹約すると、消費が減って、所得が減って、貯蓄が減る・・・