hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

【経済学】貨幣供給についてまとめてみた - 中小企業診断士

 

貨幣は、日銀から金融機関を通じて、企業や家計に供給されます。

 

f:id:hirotano:20170513160855p:plain

 

貨幣乗数

 

ハイパワードマネー 1単位に対して、マネーストックがどれだけ増えるか。

 

算出方法を覚える

 

f:id:hirotano:20170513161209p:plain

 なので、

f:id:hirotano:20170513161338p:plain

 

ここで、ちょっとテクニック

分母、分子を預金で割る。

 

f:id:hirotano:20170513161714p:plain

 

なので、

 

f:id:hirotano:20170513161814p:plain

この

 

f:id:hirotano:20170513161847p:plain

 

貨幣乗数と言います。

 

また、分数の各値は、以下とも呼ばれます。

 

f:id:hirotano:20170513162425p:plain

 

 現金預金比率と支払準備率が当て和えられて、ハイパワードマネーが1増加すると、マネーストックがどれだけ増加する という問題が考えられます。

 

実際、ハイパワードマネーよりマネーストックの方が多くなります。

それは、信用創造機能が働くからです。(市場で預金がどんどん増えていく)

 

あと、貨幣供給曲線(貨幣供給量と利子率の関係)

 

実質の貨幣供給量(M/P)について、M(名目貨幣供給量)は日銀が管理しているので、一定、P(物価)も一定と考えると、実質の貨幣供給量も一定になります。

なので、利子率に限らず、一定 となります。

 

f:id:hirotano:20170513164430p:plain