hirotano's blog - めざせ中小企業診断士

中小企業診断士をめざしているhirotanoのブログです。

【財務会計】総合原価計算についてまとめてみた - 中小企業診断士

総合原価計算の場合、直接材料費加工費に分けて、ボックズ図を描きます。

 

H23-10を例に考えます。

 

まず、ボックズを骨格は以下の通り。四角を書いて、真ん中に縦棒を一本

横棒は左から右に少しずらして書きます。

 

f:id:hirotano:20170612222534p:plain

 

まずは直接材料費

 

月初仕掛品はなくので、左上は0kg で0 円

f:id:hirotano:20170612224431p:plain

当月投入の直接材料費は1200kgで48000千円なので、

f:id:hirotano:20170612224502p:plain

当月の完成品は700Kgと問題文に書いてあるので、右上に700kgをかく

 

f:id:hirotano:20170612224529p:plain

当月1200kgで48000円なので、1kgあたりの直接材料費は40円

当月完成品は700kgなので、28000円となる。

f:id:hirotano:20170612224625p:plain

ちなみに、月末仕掛品は残りの500kg 20000円です。

f:id:hirotano:20170612224715p:plain

 次に加工費です。加工費の場合は、月末仕掛品の計算の際に、加工進捗度を考慮します。

 

まず、月初の仕掛りはゼロです。

 

f:id:hirotano:20170612225505p:plain

 

で、当月投入は問題文にある通り、45000円です。

 

f:id:hirotano:20170612225555p:plain

当月は700kg完成したので、右上の当月完成品に700kgを記入

 

f:id:hirotano:20170612225715p:plain

 

月末仕掛品では、材料は残り500kgですが、加工進捗度が40%なので、実施は500kgのうち、200kgは当月で加工費が発生しています。

 

f:id:hirotano:20170612225909p:plain

とうことで、材料の量で考えると、当月に900kg分の加工費が発生し、それが45000円となります。そのうち、当月完成品に対する原価は、900kgのうちの700kgです。

 

なので、当月完成品に対する加工費は、以下通り、35000円になります。

 

f:id:hirotano:20170612230159p:plain

 

なので問題にある完成品原価は、

直接材料費と加工費の完成品原価の和なので、

f:id:hirotano:20170612230410p:plain

 

とにかく、総合原価計算は直接材料費と加工費でボックズ図を描くこと が大事ですね。